8月31日PM レンジャー前田の写真講座
2014年 8月 31日
8月31日(日)午後1時30分からの教養講座



                  文化・芸術

レンジャー前田の写真講座
〜カメラ選びから撮り方まで デジタルカメラの疑問を解決!〜



写真家のレンジャー前田さん(前田 邦夫さん)にご講演いただきました。




 今日の講師の前田さんは自衛隊レンジャー部隊出身で、それに由来してのお名前です。

現在は役者、建築、商品などの写真やフォトリアル3DCG(合成写真)撮影の仕事をされています。

 

 「あなたに合ったカメラは!?」楽しいインパクトのあるものを撮ることが一番です。

カメラの種類には、デジタル一眼レフカメラ・ミラーレス一眼カメラ・コンパクトデジタルカメラ・

携帯電話のカメラなどがあります。

○デジタル一眼レフカメラの利点は、イメージセンサーが大きいです。

  レンズ交換(広角・望遠)など、いろいろ交換することができ、ボケを出すこともできます。

○ミラーレス一眼カメラの利点は、一眼レフカメラより本体もレンズもコンパクトなため軽いが、

今はまだレンズの種類が少ないです。

○コンパクトデジタルカメラの場合は、レンズ交換をすることができないが、風景などを写すときは

全体がきれいに写ります。防水機能など高機能なものもあります。イメージセンサーは大きい

ものの方が良く、それほど多い画素数は必要ありません。200万画素あればL版・ハガキの

大きさに十分対応でき、300万画素あれば充分でしょう。

 

【カメラ選びの条件】

@ イメージセンサーが大きい方がよい…背景などボケを作ることができる

A レンズの性能が良いことが大切…レンズ解像度など(F2.8など若い数字のレンズ)

B 予算

C デザイン

D 特殊な機能など

 

 

 日本人は数字が高いことがすぐれているという風に思いがちなため、つい画素数に

こだわってしまいますが、楽しいインパクトのある写真を撮るにはイメージセンサーが重要だと

いうことがわかりました。カメラ選びに迷ったら、まずはイメージセンサーの大きいカメラを選ぶことが

何より大切だということを思い出してくださいね。

そしてカメラを持って出かけて、“行楽の秋”を楽しみましょう!

 

 

 

堺 自由の泉大学 事務局